スキー検定種目

実技種目 斜面設定 評価の観点 採点基準 受験資格
1級 パラレルターン 大回り 急斜面・ナチュラル 状況・条件に対応して滑る能力
1.ターン運動の構成
ポジショニングとエッジング
2.斜面状況への適応度
スピードと回転弧の調整
3.運動の質的内容
バランス・リズム・タイミング
・1種目最大値100ポイント×4種目
・取得ポイントは検定員3名の平均値
とし、小数点第1位を四捨五入する。
・280ポイント以上を合格とする。
・年齢制限は設けない。

・1級受験者は2級取者。

・1級受験者は受験年度の事前講習を修了している事。

基礎パラレルターン 小回り 急斜面・ナチュラル
パラレルターン 小回り 中急斜面・不整地
総合滑降 総合斜面・ナチュラル
2級 基礎パラレルターン 大回り 中急斜面・ナチュラル 状況・条件に対応して滑る能力
1.ターン運動の構成
ポジショニングとエッジング
2.斜面状況への適応度
スピードと回転弧の調整
3.運動の質的内容
バランス・リズム・タイミング
・1種目最大値100ポイント×4種目
・取得ポイントは検定員3名の平均値
とし、小数点第1位を四捨五入する。
・195ポイント以上を合格とする。
基礎パラレルターン 小回り 中急斜面・ナチュラル
シュテムターン 中急斜面・ナチュラル
3級 基礎パラレルターン 整地(緩~中斜面) 状況・条件に対応して滑る能力
1.ターン運動の構成
2.斜面状況への適応度
3.運動の質的内容
・1種目の最大値100ポイント×2種目の合計
・公認検定員が講習を通じ「傾斜地における移動技術」の回転技術を指導し、運動課題の到達度を評価する。
シュテムターン 整地(緩~中斜面)
4級 プルークボーゲン(リズム変化) 整地(緩・中斜面) 状況・条件に対応して滑る能力
ターンの構成、斜面への適応度、制動技術の習得
・最大100ポイントとし、55ポイント以上を合格。
・公認検定員が講習を通じ「傾斜地における移動技術」の制動技術と回転技術を指導し、滑りの度合いを評価する。
5級 プルークボーゲン 整地(緩斜面) 状況・条件に対応して滑る能力
ターンの構成、斜面への適応度、制動技術の習得
・最大100ポイントとし、50ポイント以上を合格。
・公認検定員が講習を通じ「傾斜地における移動技術」の制動技術と回転技術を指導し、滑りの度合いを評価する。

*新型コロナウィルス感染拡大による特例措置(長野県の対応)
2020年度事前講習修了者は、2020年度事前講習修了証を提示していただければ、今年度、1級を受験することができます。
尚、事前講習修了証を紛失した方は、紛失届を提出して頂きます。(紛失届はスキー学校に用意してありますので受付時に記入をお願いします。)